2009年09月05日

一人乗り飛行装置「ウィリアムスXジェット」

1970年代に開発された一人乗り飛行装置「ウィリアムスXジェット」の衝撃映像。この乗り物「Williams X-Jet」は、航空機用の小型ターボエンジンを改造した一人乗りの飛行装置で、なんと最高時速100キロ、約45分間の飛行が可能だった。なお、米国陸軍がこの飛行装置に興味を示したが、既にヘリコプター開発され実戦で結果を残しており、兵器としての必要性を検討した結果、導入は見送られたそうだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31875483
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック