2009年08月24日

1937年 ヒンデンブルク号爆発事故

1937年5月6日、アメリカのレイクハースト海軍飛行場で発生したドイツの飛行船LZ129ヒンデンブルク号の爆発事故の衝撃映像。ヒンデンブルク号は、飛行場に着陸の際に突如機体が爆発、そのまま炎上しながら墜落した。事故の原因は、船体外皮に使用されていた酸化鉄・アルミニウムの混合塗料が発火したためとされている。この爆発事故で乗員・乗客35人と地上作業員1名が死亡。この事故をきっかけに、安全性への疑問から飛行船の黄金期は幕を閉じる事となった。

posted by kazu at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故・災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31565612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック